みゅん!みゅん!みゅん!

暴れパピヨン♂と独身女♀が織り成す、 孤独とおバカのハーモニー。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こころ。

  みなさま、前回はこのような幽霊ブログに温かいコメント、本当にありがとうございました。
皆様の温かいコメントで、単純ミジンコな私はやる気になってしまいます。

さて、お兄さんになったみゅんさん。

なし_edited-1 

今では妹に意味不明に「なでろ」とせがんだり、枕にしたりと心を許していますが、

一か月前くらいまではそうではありませんでした。

妹が来た当初、赤子に興味しんしん、優しいまなざしで安心しておりました。

そして案の定、可愛い→ペロペロ攻撃。しかし、、妹の鼻口をなめようとしたので

思わず「ダメ」と言い、妹から離しましたら


image[1] 
「実家に帰らせて頂くみゅん。」


・・・すねてしまいました。(涙

ごめんよみゅんさん、でも、お医者様にも鼻口はなめさせたらダメ言われたから、つい。。



hiko5a.jpg
「ふん、あのうるさいのをお母しゃんはずっと抱っこだみゅん。どうせみゅんなんかみゅんなんか。」

なんて、妹がいるとベッドの下やらに隠れて、遠慮がち犬に。

しかも妹さんは抱っこ魔で、抱っこをおろすとMG5に。(マジでギャン泣き5秒前。

一日中抱っこ状態です。寝る時は腕枕、日中は抱っこ。

みゅんさんに全然かまえない。。

オウノー。しばし苦悩の毎日でした。

しかし


 

nasi2.jpg  
「お兄たま!赤子は手がかかるものでちゅ。腹をくくってよろしくやるでちゅ。おちかぢゅきのしるしに、ブランド梨をば、おひとちゅいかが?」




image[2]
「む?ブランド梨とな?」

 
なんてやりとりがあったか知りませんが


nasini.jpg  
「ふん、こやつなりに可愛いところがあるみゅん。枕になるし、可愛がってやるみゅん。」

妹「うふふ、ちょろいもんでちゅ。お兄たまには食べ物でつるのが一番でちゅ。」





みゅんの心の雪解けが訪れ、

image[1] (4) 
「あ、後頭部をなでてくれるみゅん?」(抱っこひもに妹がはいってます)

妹を抱っこしてようが、またみゅんが甘えてくるように。妹の近くにも積極的に来ます。というかのります。




あぁ、えがっただえがっただ。

これからは、彼の心を傷つけないように接しさせて行こうと思います。

手があいたらみゅんをこねくりまわし、妹の鼻口をなめようとしたら、
そっ・・・と離し、バターになる位みゅんをこねくりまわしてごまかしています。
これまで以上に可愛がらねば。




hiko3a.jpg 
「ガラス細工のハートなんだみゅん。壊れそうなものより、美味しそうなものばかり集めてしまう
ガラスの10代みゅん。」

いや、ガラスの40代だよ。
我が家の大事な長男、来月には7歳に。健やかばんざい!
スポンサーサイト
  1. 2012/09/24(月) 18:34:53|
  2. みゅん。
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5

ジェントルみゅんの妹。

IMG_0218a.jpg 

「皆様、お花をバックに、お久しぶりにもほどがあるみゅん。

みんなはみゅんの事忘れてるかもだけど、みゅんは忘れてないみゅん。


お母しゃんのズボラにもほどがあるみゅん。お母しゃん、すっかりブタさんになったみゅんよ。」








IMG_0296aau_edited-1.jpg 
「どうみゅん?このざまみゅん。14キロも肥えたみゅんて。語尾にブヒってつけるべきみゅんね。

でも、数日お母しゃんが消えたら」






securedownload5のコピー 
 「こんなんが来たみゅん。」




securedownload2a_edited-1.jpg 
「みゅんの妹みゅんって!妹って、何だみゅん?なんか、いつも騒がしいやつだみゅん。」
なんか、お母しゃんがずっと抱っこしてるみゅん。」




securedownload4a_edited-1.jpg 
「枕として、使えるみゅん。」



securedownload6a_edited-1.jpg 
「あったかくて、おっさんくちゃくて悪くないみゅ。。zzz」






・・・・皆様おひさしぶりです、見てる方もいないかもですが。
今年7月に赤子を出産しました。切迫流産気味で妊娠してからずっと安静にしていたせいか食べすぎたせいか、
太りすぎ?たせいか出産時間41時間(母子手帳による)というわけ分からない時間をかけて、
みゅんの妹が産まれました。
みゅんさん、嫉妬する事も無く?妹が可愛いのかにおいがたまらないのか、くっついたりなめたり枕にしたりなめたり忙しいです。
さては、やはりいいやつだな。しかし動く枕と思っているかも。


1.jpg

「一人だけ抱っこなんて、許されないみゅん。」

妹が来た当初、私に遠慮がちになったみゅんも、最近では座って赤子を抱っこしてるとみゅんも一緒に抱っこされに来ます。

あぁ、これが幸せの重みね♪

と言いたいところですが、単純に二匹同時に抱っこは、腕・足が単純にしびれます。両手腱鞘炎に。愛って忍耐ね。


赤子が現在、一日中抱っこ星人でとても自分の時間がありませんが、時間に余裕が出来たらばカメカメ更新でぼちぼち、
やりたいです。 (説得力0

更新ほとんど出来ませんでしたが、皆様とのつながりはとても大事に今でも思っています。


 
  aaaaaa_edited-1.jpg
妹「まだ世の中がよく分からないの。お父さんにアサショーリューに似てるて言われたの。

アサショーリューって、有名なきゃわい子ちゃんかちら?よろちくね。」

みゅん「主役の座は、渡せんみゅん。脇役としてなら、許してやるみゅん。」

犬ブログなので、一生みゅんブログですよ。

奇跡的に見て下さった方、ありがとうございます♪

  1. 2012/09/21(金) 16:56:08|
  2. 自己紹介
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:10

太ったりつぶやいたり。

 resize3617.jpg 
「お久しぶりだみゅん!」


なんと3か月ぶりくらいの更新です。届かなくても、良いのです。 

みゅんは、しばらく見ない間に、犬以外の可愛い何かになってしまいました。 ↓




resize3507.jpg 



というのは冗談で 、実は

野生の哺乳類に逢いたい、というのは私の永遠のテーマです。

そんなわけで野生のキタキツネに逢いたくなったので、マイカーで、七月後半に北海道に行って参りました。






snap_barari_20118323298.jpg 

というのも嘘で、もちろん飛行機で行って参りました。 

小樽とか札幌とか美瑛とか富良野とか旭川とかです。

みゅんさんもきっと満喫したことでしょう。

resize3438.jpg 
「とりあえず、肉くれみゅん。」



resize3418.jpg

「小樽な運河みゅん。犬を毎回高い所に乗せて撮影するのは、いかがなものだみゅん。」



resize3697.jpg 

「なんとかファームだみゅん。ほうき草。これで掃除が出来るみゅん?」


resize3634.jpg

「ラベンダーは枯れ気味だけど、悪くないみゅん。みゅんは、団子より花だみゅん。」

七月後半の旅行でしたので、あこがれのラベンダーは枯れかかっていました。。



resize3585.jpg
「ぬぉおおおお~!富良野メロンだみゅん!かぐわしいかほり!かほり!」



resize3726.jpg

「とりあえず何かください。」

あさましみゅんさんも、健在です。

彼のプュアでつぶらな瞳がみつめるもの、それは食べ物。。。



resize3756.jpg  
「暑くてクマった。」

旭山動物園のクマさんも、暑くてクマっている今年の夏。

resize3540.jpg 

結局、本来の目的のキタキツネさん、ノースサファリサッポロという動物園にいましたが、野生はいませんでした。。

「ルルルル~」なんて無駄に口ずさんではみたのですが。。

エゾリスは探し回って、一匹発見しましたが、写真が撮れず。

 





resize3869.jpg

「青い池、らしいみゅん。あおって、なにいろだみゅん?毛虫がいっぱいだみゅん。。」 

毛虫と虫は沢山いましたね。

 


snap_barari_201183235227.jpg 

「赤麦の丘、らしいみゅん。白黒の世界に生きる犬には、あおでもあかでも同じだみゅん。。。」


そんなこんなな北海道、みゅんさんはほぼやる気の感じられない表情でしたが、楽しんでくれたでしょうか。




resize3886.jpg 


今日もみゅんは元気です。


現在、家から会社の通勤、家事となんだかわさわさしているので、ブログはこのように、

放置になってしております。
 
しかし、どさくさにまぎれやっと、車の免許を取得してしまいましたので、(超危険運転という噂が。

気まぐれに今はやりのツイッターなるものを、少し、やってみようと思います。 基本はみゅん。



気まぐれにやるかもしれないので、ツイッターをやっている方で、

再びみゅんと私の阿呆が見たい気まぐれな方はいつか

来てみたりして下さいね。

たぶんアドレス↓



http://twitter.com/#!/barariko



resize3705.jpg 
「お母しゃんとはもう付き合ってられんみゅん。」


というか、ツイッターをやってらっしゃる方はフォローしたいので、是非教えて下さい。 

しかし、ツイッターは私には難解でした。。







とか言いつつ、明日からみゅんと鳥取に参りますので、また更新すると思います。


こりなく見てくれた方、ありがとうございます。

  1. 2011/08/17(水) 23:15:28|
  2. 予告編。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

お久しぶりです。

皆様、大変おひさしぶりです。

日本では大変な大震災が起きてしまい、日々胸を痛めていると思いますが、皆様はお元気でしょうか。

私とみゅんは元気です。

少しだけ、みゅんの元気な姿をお見せしようと思います。
 







resize3253.jpg 


何か月ぶりのみゅんですが、ふらちなバック姿での再登場です。



resize3239.jpg 


ご覧の通り、耳毛も相変わらず薄毛のまま、元気なみゅんです。


resize3243.jpg 

「お母しゃんは、相変わらず肥満児で、結婚式でもダイエットに失敗して逆に太って周囲にあきれられたみゅん。」


余計な情報はさておき、無事に入籍し海外で挙式も済ませましたが、やはり毎日気がそぞろです。

地震で無くなった方や動物を思うと本当に心苦しいですが、

いまだに被災地や立ち入り禁止区域では、飼い主を求めてさ迷い、震え飢えに苦しみ救いを求めている動物がいること。

それに対して何もできない行政、そして何も出来ない自分。。。

もともと、超ネガティブな人間なので、どこまでも考えると落ちてしまいます(涙

新聞とかではペットの野犬化が心配とか繁殖が心配とか書いているけど、
そもそもご飯も住みかもなくて死に瀕しているのに!!フンガフンガ。などと一人憤ったり凹んだりしています。
ちなみに最近評価が高く映画化もされた「星守る犬」という漫画も拝見しましたが、
心の弱い私には切な過ぎて感動どころではなく、余計凹んでしまいました。
可愛さと美しさと残酷さのコントラストが。。。涙涙です。

飼い主を忠実に慕い愛し信じる犬。それを地獄に落とすも救うも、人間なのです。。


やはりこの阿呆ブログは書ける気がしないので、しばらくお休みをさせて頂きます。


resize3247.jpg 

「ていうか、ずっとブログさぼってたからいまさらお休みとか関係ないのでは?」


的確なご指摘ですが、みゅんさんから一言。


今まで阿呆で超ズボラなブログを、阿呆なみゅんを、温かく見守ってきて下さった皆様、








popopo.jpg 



ポポポポ~ンじゃないよ!


ま、しばらく?したら舞い戻ってしまうと思いますので、更新に気づいたらそっと見てやって下さいね。








  
  1. 2011/05/02(月) 21:48:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

明けました、おめでとう★

皆様、

resize2938.jpg 
「明けまして」



resize2940.jpg 

「おめでとうでございますみゅん!」

皆様、明けましておめでとうでございます。

今年こそは、私のズボラを少々直したいと思います。

横浜市青葉区に引越してから、少し慣れてきました。

みゅんさんは、新しい場所でも何でも食べ物があれば大丈夫なようです。


ake.jpg 
「こりはこりはごちそうなんだみゅん。」


resize2992.jpg
「こりは、食べれないこともないみゅん?」

食べれません。

私事ではありますが

ake2.jpg 

昨年12月12日に入籍をいたしました。

頂いたお祝いのおケーキ!

ake4.jpg 
「こりはみゅんのケーキに違いないみゅん。」

残念ながら人間のケーキにございます。

ake3.jpg 

みゅんを、約3年半にわたりわが子のように可愛がり、溺愛して下さっている方なのでみゅんは今より幸せになると思います。

ake7.jpg 
「でも、たまに愛が重いんだみゅん。」


ake8.jpg 
「く、苦しいみゅん!」

ちなみに相方は大のお酒好き。大の犬好きと相性が良いかは謎です。


 ake5.jpg

これからも、みゅんが一生涯の最高のパートナーということに変わりはありません。

阿呆な人たちですが、これからもよろしくです。

resize2928.jpg 
「ま、今年もよろしくお願いしますみゅん。」


私事ですみませんでした。

今年もどうかよろしくお願い致します。




  1. 2011/01/02(日) 14:53:33|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
次のページ